学会活動状況

日本女性医学学会専門医および専門資格制度について

本会が、医師および医療従事者など更年期医療等の女性医学の分野における専門家として基本的知識と技能を認定する制度です。
詳しくはこちら。

学術集会

1年に1回秋に学術集会を開催しています。
これまでの開催はこちら。

第36回日本女性医学学会学術集会
会 期: 2021年11月6日(土)・7日(日)
会 場: コングレコンベンションセンター(大阪市北区)

第37回日本女性医学学会学術集会
会 期:2022年11月12日(土)・13日(日)
会 場:米子コンベンションセンター BIG SHIP(鳥取県米子市)

第38回日本女性医学学会学術集会
会 期:2023年12月2日(土)・3日(日)
会 場:徳島県徳島市

ワークショップ

1年に1回女性医学に関するワークショップを開催しています。

第26回日本女性医学学会ワークショップ
日時:2021年(令和3年)3月27日(土)
会場:前橋市民文化会館(昌(しょう)賢(けん)学園まえばしホール)

第27回日本女性医学学会ワークショップ
日時:2022年3月26日(土)
会場:JRホテルクレメント徳島

第28回日本女性医学学会ワークショップ
日時:2023年3月18日(土)
会場:宇都宮駅東口交流拠点施設(JR宇都宮駅直結)



日本女性医学学会雑誌(旧:日本更年期医学会雑誌)

日本女性医学学会雑誌(旧:日本更年期医学会雑誌)
年4回発行されています。
過去の雑誌の目次と投稿論文規定は こちら

日本女性医学学会ニューズレター

日本女性医学学会ニューズレター
年3回発行しています。
2021年9月にVol.27 No.1が発行されました。
過去のニューズレター(PDF)は こちら

学会賞

女性医学に関する卓越した研究業績をあげ、さらに本会の運営面において顕著な貢献をした正会員に対し、学会賞選考委員会にて候補者1名を推挙し、理事会の承認を得て決定いたします。
これまでの受賞者は こちら

水沼賞

「日本女性医学学会雑誌」に掲載された原著論文の中から当該年度最優秀論文を選出し理事会承認を経て、筆頭著者に授与します(選考結果により該当者なしの場合あり)。対象は投稿時45歳以下です。受賞者は次年度の学術講演会総会で表彰(賞状と副賞)された後、講演を行います。

学会奨励賞

女性医学に関する優れた研究業績をあげた若手の正会員とし、基礎研究、臨床研究、看護研究の3部門に分け、原則として各部門1名とし、本学会の理事、代議員、大学教授の理事長への推薦(他薦)または本人の申請(自薦)にて推挙し、推薦者、被推薦者を除く学術研修委員会委員より成る予備選考委員会を設け、その提案に基づき学会奨励賞選考委員会で選考し、理事会の承認を得て決定いたします。
2022年度学会奨励賞応募要綱はこちら 
これまでの受賞者(学会奨励賞)はこちら

優秀演題賞(旧:学術奨励賞)

学術集会中に発表される優秀な演題に対して授賞しています。
2022年度優秀演題賞応募詳細はこちら 
これまでの受賞者(優秀演題賞)は こちら

JMWH Bayer Grant

女性医学に関する優れた研究プロジェクトの助成を目的とし、申請書類に基づき、日本女性医学学会内に設置された選考委員会が決定し理事会の承認を得て決定いたします。
本年(2021年度)の応募要項はこちら 
これまでの助成対象者は こちら

特別プロジェクト JNHS (Japan Nurse Health Study)

特別プロジェクト JNHSとは
更年期・中高年女性の健康向上のために、日本における大規模で信頼できるデータの集積を目的に各種の調査を実施中です。
本邦女性における閉経および閉経の及ぼす長期予後に関する追跡調査
HRTに関するアンケート調査

女性のヘルスケア研修会

日本女性医学学会主催「女性のヘルスケア研修会」を2019年9月から実施しています。

2019年度女性のヘルスケア研修会 修了者一覧はこちら

2020年度カリキュラムはこちら

2021年度カリキュラムはこちら

2022年度女性のヘルスケア研修会の受講申込受付を開始します。
2022年度要項はこちら
2022年度カリキュラムはこちら
受講申込み受付期間:
2022年5月17日(火)17時から5月31日(火)17時まで 6月7日(火)17時まで

日本女性医学学会主催「医療スタッフのための ウィメンズヘルスケア 講座」を2021年10月から実施しています。

2021年開催要項はこちら ※受講受付は終了しました。

2022年度開催要項 ※要項は2022年7月掲載予定です。


この他、女性の健康についての実態調査に関する別のプロジェクトも検討中です。