最新のお知らせ

2021/05/06

定款施行細則が改定されました。(2021年4月27日付)
2021年度(2021年9月1日~)より年会費が変わります。詳細はこちら

改定年会費での納入については、2021年度(9月1日以降)にお知らせいたします。
改定後の「定款施行細則」はこちら


2021/05/06

専門医制度規則および細則が改定されました。(2021年4月27日付)
改定後の規則はこちら


2021/05/06

2021年度日本女性医学学会優秀演題賞を募集します
詳しくはこちら


2021/05/06

2021年度学会奨励賞候補者を募集します
詳しくはこちら


2021/05/06

2020年度JMWH Bayer Grant候補者を募集します
詳しくはこちら


2021/04/07

予防接種推進専門協議会作成「医療従事者のための新型コロナウイルスワクチンを安全に接種するための注意とポイント」動画とリーフレットのお知らせ
「医療従事者のための新型コロナウイルスワクチンを安全に接種するための注意とポイント」の動画とリーフレット(厚生労働行政推進調査事業費補助金“新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業”「ワクチンの有効性・安全性と効果的適用に関する疫学研究」監修)が、厚生労働省ホームページで公開されました。


2021/04/07
「OC・LEPガイドライン2020年度版」が発行されました。
本書の購入方法は日本産科婦人科学会ホームページ内「書籍・刊行 物一覧」よりご確認ください。
日本産科婦人科学会ホームページはこちら

2021/03/15

関連イベントのお知らせ:
先般開催されました「ウィメンズ・ヘルス・アクション 2020年度女性の健康週間オンラインイベント」がアーカイブ配信されています。
詳細はこちら
「わたしたちのヘルシー ~心とからだの話をはじめよう~」
https://wha2021.cinra.net/


2021/03/01

関連イベントのお知らせ:
ウィメンズ・ヘルス・アクション 2020年度女性の健康週間オンラインイベント(3月6日・7日)

詳細はこちら


2021/03/01

【訃報】
本学会名誉会員 矢内原 巧先生(昭和大学 名誉教授)が去る令和3年2月14日 にご逝去されました(享年86歳)。ここに謹んでお知らせ申し上げます。
先生のご生前のご貢献に深く感謝申し上げるとともに、ご冥福を心からお祈り申し上げます。
一般社団法人日本女性医学学会 理事長 若槻 明彦


2021/02/15

HPVワクチン連絡委員会からのお知らせ
9価HPVワクチン「シルガード®9」の発売日が、2021(令和3)年2月24日に決まりました。
シルガード®9の接種においては、省令で定められた医薬品リスク管理計画に基づき適正使用の説明のほか全例登録、市販直後調査及び一般使用成績調査への協力をお願いします。先生方が女性へのシルガード®9接種をお考えの場合は、製造販売業者の担当MRへご連絡ください。
* 9価HPVワクチン「シルガード®9」は安定供給までに時間がかかるようです(現在の情報では2023年頃とされています)。
* 9価HPVワクチン「シルガード®9」は、9歳以上の女性が対象で、まだ定期接種(公費負担)化はされておらず、任意接種(自己負担)となります。
高校1年生までの2価・4価HPVワクチンの定期接種(公費負担)の時期を逃さないようにご配慮お願いします。

・厚労省通知はこちら
・医薬品リスク管理計画はこちら

※シルガード®9 添付文書情報:
【効能・効果】
ヒトパピローマウイルス6、11、16、18、31、33、45、52及び58型の感染に起因する以下の疾患の予防
・子宮頸癌(扁平上皮細胞癌及び腺癌)及びその前駆病変(子宮頸部上皮内腫瘍(CIN)1、2及び3並びに上皮内腺癌(AIS))
・外陰上皮内腫瘍(VIN)1、2及び3並びに腟上皮内腫瘍(VaIN)1、2及び3
・尖圭コンジローマ
【用法・用量】
9歳以上の女性に、1回 0.5mL を合計 3回、筋肉内に注射する。通常、2回目は初回接種の 2ヵ月後、3回目は 6ヵ月後に同様の用法で接種する。

2021(令和3)年2月15日 日本女性医学学会 HPVワクチン連絡委員会


2021/01/20

第26回日本女性医学学会ワークショップ<オンライン参加登録受付開始>
登録期間厳守(3月27日を過ぎてからの登録はできません)
詳細はこちら


2021/01/20

関連学会のお知らせ:日本家族計画協会よりオンラインセミナーのお知らせ
詳細はこちら


2021/01/20

健康加齢医学振興財団より「井村臨床研究賞・研究奨励賞」公募のお知らせ
詳細はこちら「研究賞」「研究奨励賞


2021/01/15

本年の指導医認定審査を実施いたします。
2021年の指導医認定審査を実施いたします。(申請締切:2020年2月22日必着)
指導医認定を希望される方は、実施要項をご確認のうえ所定の手続きをお取り下さいますようお願いいたします。
詳しくはこちら
要項はこちら
申請書類(様式1・2)はこちら


2021/01/12

【重要】2020年度年会費納入についてのご案内
■2020年9月1日より「2020年度」となりました。
年会費は「8,000円」となっております。
「会員マイページ」でご自身の会費納入状況をご確認のうえ、納入手続きをお願い申しあげます。
マイページは学会HP「会員ページ」の「マイページ」ボタンよりアクセスしてください。


2021/01/12

【重要】新型コロナウイルスの影響に伴う事務局対応について(テレワーク)
◆「新型コロナウイルス」の影響に伴う事務局対応について
日本女性医学学会事務局では、新型コロナウイルス感染防止策として在宅勤務(テレワーク)を実施しております。お問い合わせはメールにてご連絡いただきますようお願いいたします。 会員のみなさまにはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

一般社団法人日本女性医学学会
事務局
info-jmwh@congre


2021/01/12

【訃報】
本学会名誉会員 熊坂 高弘先生(獨協医科大学 名誉教授)が2021年1月8日にご逝去されました(享年91歳)。ここに謹んでお知らせ申し上げます。
先生のご生前のご貢献に深く感謝申し上げるとともに、ご冥福を心からお祈り申し上げます。
一般社団法人日本女性医学学会 理事長 若槻 明彦


2021/01/06

2021年度認定審査試験の書類申請を受付中です。
(締切:2021年1月31日まで。締切以降は受付いたしません)
受験申請対象者は、入会日より起算して満3年以上会員継続の方(本学会入会日が2017年 12月31日までの方)で、その他要件を満たす方です。ご自身の入会日は「マイページ」でご確認ください。

要項および申請書類はこちらより確認してください。


2021/01/06

関連学会のお知らせ:日本産婦人科乳腺医学会より第27回学会のお知らせ
詳細はこちら


2021/01/04

HPVワクチン連絡委員会からのお知らせ
① ラジオNIKKEI 「感染症TODAY」で加藤聖子委員会委員長が12月7日に9価HPVワクチンについて解説しました。
この内容はラジコで現在、オンデマンド放送されています。音声の他にもPDFでスライドを見ることができます。
会員の皆様におかれましては、是非、この機会にこのオンデマンドを視聴・閲覧していただきHPVワクチンの状況について情報収集していただきますと幸甚です。
ラジオNIKKEIはこちら

② 令和2年12月25日に4価HPVワクチン「ガーダシル®」の男性への接種が承認されました。
・効能又は効果:ヒトパピローマウイルス6、11、16及び18型の感染に起因する肛門癌(扁平上皮癌)及びその前駆病変(肛門上皮内腫瘍(AIN)1、2及び3)並びに男性での尖圭コンジローマの予防適応の追加。
・用法及び用量:9歳以上の男性への接種対象拡大
尚、4価HPVワクチン「ガーダシル®」の男性への接種におきまして、省令で定められた医薬品リスク管理計画に基づき適正使用の説明のほか市販直後調査及び一般使用成績調査が実施されます。先生方が男性へのガーダシル®接種をお考えの場合は、担当MRより改めて詳細の説明を受けた上で接種いただくことが必要となります。

令和3年 1月4日 日本女性医学学会 HPVワクチン連絡委員会
厚労省通知はこちら


2020/12/24

関連学会のお知らせ:日本女性心身医学会(JSPOG)より研修会開催のお知らせ
詳しくはこちら
研修会Webサイトはこちら


2020/12/24

2020年度学会賞・学会奨励賞・優秀演題賞が決定しました。
◆学会賞
小松 浩子先生(日本赤十字九州国際看護大学学長)
◆学会奨励賞
<臨床研究部門>
甲賀 かをり先生 (東京大学大学院医学系研究科 産婦人科学講座)
<基礎研究部門>
対象者なし
<看護研究部門>
対象者なし
◆優秀演題賞
・小野 政徳 先生(金沢大学 産婦人科)
演題名:若年成人期の月経困難症は将来の妊娠高血圧症候群罹患と関連する
・富田 真紀子 先生(国立研究開発法人国立長寿医療研究センター 老年学・社会科学研究センター)
演題名:地域在住中高年女性のホットフラッシュと不眠症状および抑うつ傾向の関連:老化に関する長期縦断疫学研究(NILS-LSA)から
・金谷 真由子 先生(東京大学医学部附属病院/フェニックスアートクリニック)
演題名:重症子宮内膜症患者におけるQOLの評価と経済損失


2020/12/01

2021年度専門医および専門資格認定審査実施要項および申請方法を掲載しました。
<試験日は2021年5月16日(日)です>
要項はこちら
【申請書類】*(1)~(3)のうち該当するものをダウンロードして使用すること。
(1)専門医認定申請はこちら(対象:医師)
(2)専門医認定申請/暫定指導医用はこちら(対象:基本領域指導医かつ女性ヘルスケア暫定指導医を3年以上務めた医師)
(3)専門資格認定申請はこちら(対象:医師以外の医療従事者)